ZERO Private Body Labo

#2 痩せる為の真面目な計算方法!

今回はカロリー計算の話です。

、、めんどくさい!

とみなさん思うでしょう。

でも『なんで頑張ってるのに痩せないの?』とか『食べてないのに太る!』

という話は下記のルールに反しているからだ!(ただ逆に太り難い人は一定数います)

なので一度は実際どれくらい摂取しているのかちゃんと計算する時期も必要なのかな〜と思います。

めんどくさいですけどね、かなり。

ちなみに最近流行りのタピオカミルクティは普通サイズで400kcalあるそうな。

記事を最後まで読んでいただけたらタピ活の威力に気づけると思います!

では。

Table of Contents

先に結論から

摂取カロリー < 消費カロリー

そんなん知ってる〜。

そんな気持ちになるかと思いますが、簡単でもなくこの理論だけで通すと

負のサイクルに陥るので少しだけ踏み込んで見ましょう!

「カロリー」とはなんなのか

人間にとってのガソリンみたいなもので、動く事にもカロリーが必要ですし
なんならじっとしているだけでもカロリーを使って私たちは生きています。

さらにカロリーを掘り下げてみると

カロリーはたんぱく質、脂質、糖質の
「3大栄養素」からなっていて、

・たんぱく質 1g = 約4kcal
・脂質 1g = 約9kcal
・糖質 1g = 約4kcal

これの合計が総カロリーとなっています。

これは最近お土産でいただいたお菓子の成分表です。

炭水化物とは 『糖質+食物繊維』 の事なので少々ブレますが、

たんぱく質 0.05 × 4 =0.2
脂質    0.8 × 9 = 7.2
炭水化物  4.2 × 4 = 16.8

これを足すと大体総カロリー(エネルギーって書いてる所)くらいですよね。

文章の後半に少し書きますがこの3大栄養素をどういう割合で摂るかということがかなり重要になって来ます!

食べるカロリー量と動くカロリー量は釣り合わない

例えば体重60kgの方が30分ウォーキングをして消費できるカロリーは100kcal弱程度。

カルビーのポテトチップス1袋のカロリーは377kcal

コカ・コーラは100mlで46kcalなのでコップ1杯200ml程度飲んだら先ほど上記した30分ウォーキング分即チャラです。
(他のジュースも大体一緒くらいですよ!)

運動したからご褒美に!
的な事をしている人が多い印象ですが(してなかったらすみません)運動して消費できるカロリーは知れていて、
特にお菓子やジュースのカロリーの高さは凄まじく、そのうち記事にする予定ですが身体に悪いものだらけですので

お菓子とジュースはやめましょう。

人によってはそれだけで体重落ちる人も少なくないはず。

消費カロリー量

まずは消費って言ってもどれくらい消費してるのかわからないんですけど。。
となる方も多いと思うので

カロリー消費は覚えていただきたいのが3つ

・「基礎代謝」  ・「活動代謝」 ・「食事誘発性熱生産」

基礎代謝とは

生きる上で必要なエネルギー代謝です。
私たちは寝ていてもカロリーを消費していて、何もしなくてもこれだけ消費しているよ!

という数値と思って下さい。

活動代謝とは

そのままですが身体を動かすことで消費するエネルギーのことです。

食事誘発性熱生産とは

食べたものを消化、吸収するときに消費するエネルギーです。
たんぱく質 30%
脂質,糖質は3〜6%

例えば、、たんぱく質を25g食べると
25g × 4kcal = 100kcal ですが 消化の課程で30%の30kcal消費してくれると(たんぱく質すごい!)

この3つの合計が1日の消費カロリーとなります。

あくまで大体ですが

平均的な基礎代謝は

女性が1000kcal〜1200kcal
男性が1500kcal〜1700kcal

の幅に収まっている人が多い印象です。
ほんと個人差あるので再度言いますが大体です。大体。

一度うちのジムにあるような値段高めのインピーダンス方式の体重計(よくある体脂肪率計ってくれる体重計)で計測してみて下さい。
(それでも不正確なのであくまで目安として捉えて下さいね。一番高いやつ買ったのに不正確。。)

普段ほぼほぼ動かれていない方で
基礎代謝 × 1.2〜1.3

そこそこ活動量がある方で
基礎代謝 × 1.4〜1.6

かなり多く運動量がある方で(毎日スポーツやジムでハードに動かれている)
基礎代謝 × 1.7〜1.8

これが体重維持くらいの1日の総摂取カロリーになります。

脂肪を1kg減らすには

脂肪を1kg減らすには-7200kcalの収支が必要です。

例を出すと
1200kcal消費して、1日の摂取カロリーが1000kcal
だと1200–1000=-200kcal

7200÷200=36

ずっと同じ食事や活動量な事はないと思いますが、毎日続けると36日で1kg脂肪が減るよという計算です。

※注意※

脂肪1kgと体重1kgは全然違うので気をつけて下さい。

体重は食べたり飲んだり、カラダの中に残ってる分などで1kg〜2kg簡単に変動しますよ!

食べなければいいのでは?

という考えになる方もいると思いますが基礎代謝とは必要最低限のカロリーなのでこれを下回る摂取量だと筋肉も身体の機能も代謝も低下を招き以前よりも太り易いカラダに仕上がってしまいます。

お肌も髪の毛も筋肉も言い出したらほんカラダの何もかもたんぱく質が重要な材料としてできているので、たんぱく質が足りていないと上記した事と同じように太りやすくなってくるしどんどん老いが進行していきます。

これ、ほとんどの方が普通にしていたらかなり足りていないのでしっかり意識して

トレーニングしている方は体重の×1.5g以上

何もしていない方も体重の×1.0g以上は目標に摂取する事が老化を防ぐ為にも大事です。
(プロテインがあるとここで大活躍します)

メディアを信じないこと

年間何発かは絶対に出てくる「〇〇ダイエット」みたいな楽して痩せるを売りにしているダイエットが多く世に出回っていますが、

冒頭でも同じことを言いましたが

摂取カロリー < 消費カロリー

大前提としてこれにならないとまず痩せはしません。

少し前だとTVでキュウリダイエットとかやっていましたけど、
裏ではトレーナーさんが全て食事管理をしていて、いかに「楽して痩せる」というワードと見せ方で視聴率を取ろうとしか考えていないので、基本的にTVの事は適当な情報ばかりなのであてにしないように気をつけて下さい。

楽して痩せるダイエット本は痩せない人が何冊も買い続けて成り立っているらしいので。笑

自分も疎い分野は影響されている部分が多々あるのかもしれませんが。

なんでも鵜呑みにせずすぐに調べるクセを付けるようにしましょう!

まとめ

ダイエットにいいと言われている食べ物もカロリーオーバーすると太るだけ。
太らないカロリー内でたんぱく質を多く摂取するには低カロリー高たんぱくなものが必要不可欠になってくるのでダイエットにいいと言われている訳です。(ササミとか)

さっき書いていた3大栄養素の割合を考えて食べるものを選択していければ太りにくくなるかなと思います。
(これを意識すると量が少なくてハイカロリーなものを食べなくなるので、意外と量も食べれます。)

トレーニングと高たんぱくな食事。
この習慣化がいつまでも若々しくいられる大事なポイントかなと考えています。

※はじめに書いていたタピオカミルクティはタンパク質ほぼ0で400kcal。

これが噛んでくると『太らないカロリー内でタンパク質を多く摂取』が厳しいかな〜と。

まあたまにはいいですけどね!でも本気で痩せたいならこの部類は厳禁。

ポイントおさらい

・基礎代謝分〜×1.3くらいのカロリーで
・タンパク質を体重の1,5倍以上摂取し
・トレーニングを週2行う
・ビタミンミネラルを不足させない(サプリに頼ってよし)
・水分をしっかりとる(体重×40cc位)

これが守れたらダイエットは大方成功します。
カロリーの事しか書いていないのでビタミンミネラル、水などまた追って更新頑張りますね!